2021.04.02 セキュリティ

個人チャットをビジネスで使うセキュリティリスクとは?実際に業務利用した時に起こり得ること

仕事の現場でもスマホを使うことが増えて来ました。仕事でのスマホ利用と言えば、欠かせないのはチャットアプリではないでしょうか。
チャットアプリといえば、無料で使え、手軽にメッセージ交換が出来ることから、個人向けチャットアプリを業務利用するケースも多いようです。
個人向けのチャットを仕事で使うとき、どんなリスクがあるのでしょうか。また、ビジネスチャットにはどのような特徴があるのでしょうか。
実際に使っていた方から聞いた内容をまとめてみました。

個人チャットの業務利用で明確化したリスク・問題

情報漏洩

手軽に誰にでもメッセージ出来るために、会社のメッセージを間違ってプライベートな人に送ってしまう、いわゆる「誤爆」のリスクが非常に高いと言えます。
また、故意の情報漏洩も簡単にできてしまうリスクがあります。

退職した社員が管理されない

明確なユーザー管理機能が無いため、各ユーザーが別のユーザーを管理する状態になります。
退職したとしても、ユーザーを消し忘れていて気付かない、ということが起こり得ます。

公私混同

業務中に個人チャットを触っていても、業務なのか遊びなのか区別がつかない、というのはよくある話です。また、社員が個人チャットのアカウント交換を拒否するため、そもそも業務で利用できない、という事例もあります。

災害時・緊急時の即時連絡ができない

災害時や緊急時には、会社のメッセージだけでなく家族や友達からのメッセージも大量にやり取りされることが想定されます。どれが業務のメッセージなのかすぐに分からないので、返信が遅れる等の問題があります。

ビジネス利用はビジネス専用の国産チャットが安心

ビジネス利用のチャットは、ビジネス専用に作られたものが安心です。例えば Linkit チャットは最安を目指している国産ビジネスチャットです。

業界最安値・セキュリティ万全のビジネス専用チャット「Linkit」

金融機関レベルのセキュリティ

金融機関が利用するレベルの暗号でメッセージを暗号化しているため、漏洩リスクがほとんどありません。

データはすべて日本国内

データはすべて日本国内で厳重に管理しており安心です。

管理者による管理

社員ユーザーの追加削除は管理者によって集中管理されるため、退職者の削除忘れなどのリスクは非常に少なくなります。

公私混同防止

業務はLinkit、プライベートはLINEというふうに、明確な使い分けができます。

必要最低限の機能

ビジネスチャットとして業務利用に必要最低限の機能を備え、非常にシンプルです。

費用は業界最安 月額187円(税抜170円)

有償ビジネスチャットとしては業界最安レベルで運用しております。

会社をセキュリティリスクから守るために

この記事では、個人チャットを業務で利用していた方が気づいたリスクについてまとめました。ビジネスチャットにも安価なものが出てきているので、業務にはビジネスチャットを選びたいですね。

→お問い合わせはこちら

関連サービス

Iot・AIクラウドアワード2020受賞 ビジネスチャット「Linkit チャット」

ビジネスチャット「Linkit チャット」

導入実績5000社!コミュニケーションをスマートに。意思決定が加速します。管理不要、シンプル、業界最安水準。金融機関も採用している高度な暗号化通信でビジネスユースにも万全の情報セキュリティです。