2021.02.22 インフラレジリエンス

電力レジリエンスの重要性・課題や解決策とは?

電力レジリエンスの重要性

電力レジリエンスとは、電力インフラ早期復旧のための対策・活動です。近年、台風・地震・水害等の自然災害が頻発・激甚化傾向にあります。災害時には電柱・電線等の電力インフラも停電などの長期停止が課題となるため、早期復旧への取り組みが急務となっています。2020年6月には「エネルギー供給強靭化法」が成立するなど、政府としてもインフラ早期復旧、電力レジリエンスへの取り組みを強化しています。

電力レジリエンスの課題

  • 作業員・作業車両の位置情報把握が困難
  • 大量にある電柱からの復旧箇所検索が困難

【Linkit Maps】で位置情報把握・電柱検索が迅速に!電力レジリエンスの課題解決を支援

GPS共有チャット「Linkit Maps」は電力レジリエンスに必要な機能を備えており、課題解決を支援します。インフラ会社・報道機関での導入実績があり、大規模な組織での利用も安心です。

  • 作業員・作業車両の位置情報をリアルタイム表示
  • 大量の電柱を検索
  • 復旧状況の迅速な共有
  • 組織を跨いだ迅速なコミュニケーション
  • 日常保守の効率化にも
  • 初期費用ゼロ

Linkit Mapsで作業員・作業車両の位置情報をリアルタイム表示している画面

【Linkit Maps】インフラ・レジリエンス機能

①​作業員・作業車の位置情報のリアルタイム把握

スマホ・GPSトラッカーの位置情報をリアルタイム共有することが出来ます。

②​保守ポイントの検索機能

目的地までの経路検索が可能です。

③​被害状況・復旧状況の収集・提供の迅速化

被害状況をチャット等で共有するとともに、各作業員の作業ステータスを見える化することで復旧状況の収集・提供を迅速化します。

④組織をまたいだ連絡体制

位置情報を起点にチャット等にて迅速に情報共有が可能。文字情報の他に写真、動画等を迅速に共有することで被害状況・復旧状況の共有がリアルタイムで出来ます。

【Linkit Maps】インフラ保守の効率化機能

①移動履歴・移動距離の表示

移動履歴を活用することで、通行可能なルートの確認や後日の活動検証が容易になります。

②部署別・地域別・役職別に位置情報管理が可能

複数の地図を作成・管理可能です。各地図は決められたメンバーのみ参照できます。

③車両位置追跡

初期設定済みなので届いたらすぐに使えます。

電力レジリエンスの迅速化・効率化をお手伝いします

Linkit Mapsで災害時の電力レジリエンス迅速化・効率化をお手伝いします。お気軽にお問い合わせください。

→お問い合わせはこちら

関連サービス

Iot・AIクラウドアワード2020受賞 GPS位置情報共有チャット「Linkit Maps」

GPS共有チャット「Linkit Maps」

地図とチャットを通して社員の居場所確認や、訪問ルートの共有、訪問実績のエビデンス管理、災害時の安否確認といった業務の効率化ができます。セールス、報道機関、物流、保守管理、訪問介護等の外回り業務に最適です。