Linkitが、健康食品のモニターと店舗スタッフのコミュニケーションを支援

-「+medi」モニター試験アプリに採用- ~簡便なアンケート入力・収集と、効果的なコミュニケーションを実現~

株式会社ACCESSは、同社のチャット技術を用いたクラウド型メッセージサービス「Linkit®(リンクィット)」が、インクロムプラス株式会社(本社:大阪府大阪市、代表取締役社長:金田 仁二郎、以下、インクロムプラス)が運営する、食と健康に関わるサービス「+medi(プラスメディ)」の体験モニターアンケートシステムに採用されたことを発表いたします。「Linkit」のチャット機能が実装されたモニター試験アプリ「+medi」は、2015年3月1日より、「チアシード体験モニター試験」に利用開始されています。

「+medi」は、実店舗およびオンラインを通じて、カロリーと栄養素を徹底的に管理したローカロリーでヘルシーな食品を提供しています。現在、東京・大阪に6店舗を構え、そのコンセプトの新規性から、多くのメディアに取り上げられています。この度、インクロムプラスでは、その母体となるインクロム株式会社の治験(医薬品臨床試験)におけるノウハウを活かして、健康食品の有効性試験を開始します。インクロムプラスでは、この度のモニターアンケートの開始に伴い、通常は、膨大な作業を必要とするモニターアンケート実施を、Linkitが実装された「+medi」アプリを活用することにより、試験データの情報収集・管理に掛る業務負荷を大幅に低減することが可能となりました。さらに、運営側からの応援メッセージや健康情報の配信、また簡便なアンケート入力方法により、高いモニターアンケート回収率とモニターユーザとのコミュニケーションの支援が見込まれます。

「チアシード体験モニター試験」では、3月1日より、3店舗(新宿丸井本館店、ルクア大阪店、阪神神戸三宮駅西口店)にて、各250名の募集が開始されました。モニター試験では通常の朝食を1週間摂った後に、スーパーフードといわれるチアシードのドリンク・おからドーナツを朝食として3週間摂取し、体重・体調・肌の状態を調査します。モニターはアンケートアプリ「+medi」を利用し、基礎体温・体重・体脂肪率・便通・化粧のノリ・疲労感などを日々、手持ちのスマートフォンから手軽に入力でき、運営側も少ない業務負荷でデータ収集が出来ます。

モニターアンケート専用アプリ「+medi」のプラットフォームとなった「Linkit」は、ACCESSが開発する、高品質・安心・便利なクラウド型のチャットサービスです。管理画面で既読・未読などの状況を把握、ユーザーグループ毎のグループが一目でわかる表示、同報配信機能を標準実装し、カスタマイズを容易に可能にすることで、高セキュリティかつ高品質のチャットサービスを迅速に実現します。この度の採用では、「Linkit」の機能に加えて、アンケート収集機能、店舗スタッフ側でのモニター管理のカスタマイズが可能な点が評価され、「+medi」の健康食品モニターのプラットフォームとして選定されました。ACCESSは、今後もLinkitを機能強化し、店舗スタッフとお客様のコミュニケーションの支援機能を拡充してまいります。

mediplus_chart

20150302_medi_stores

「+medi」についてに関する詳細はhttp://www.plus-medi.com/をご覧ください。

「チアシード体験モニター試験」に関する詳細は、http://www.plus-medi.com/monitor/vol01.htmlをご覧ください。